FC2ブログ

土佐電トラベルブログ

旬な高知の情報や旅行に関する情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2日目は雨・・・

前回の更新に続きとなりますが、



「済州島」の観光地をご紹介させて頂きます。



2日目は、あいにくのです。。
早朝から強い雨です。。。




しかし、風はないようで・・・
少し安心しました。






城邑民俗村
朝鮮王朝時代の東部山間地帯の村の特性があり
民俗村として保護させているとのこと



しかも、現在も1,500人ぐらいが生活しているとのこと





ここの民族村ガイドさん??
元気でおもしろい女性ですので一度見て損はしないと思います。

DSC01452.jpg
DSC01457.jpg
DSC01461.jpg





菜の花
綺麗ですね

DSC01462.jpg



道路沿いにある菜の花畑にご案内



ゆっくり菜の花畑を散策して頂こうと時間を20分とりました



雨が降っているので傘をバスの中で配って最後のお客様に渡してさぁ降りようと思った時












なんと強風と雨の為に皆様帰って来ました。。。
20分の予定が2分程で終わりました

なので、バスの窓から一枚撮ったので載せます。。
DSC01463.jpg




世界遺産漢拏山国立公園
(世界ジオパークにも認定されています)




やはり強風と雨の為登山は出来ませんでした・・・




標高182mの火山海底噴火のよって生まれた山




頂上まで徒歩30分で行けます。。


DSC01464.jpg
DSC01466.jpg





ちなみに・・・



ここ済州島は火山の島で日本と同じですが温泉は掘っても掘っても



ぬる~い温泉しかでないようです。


今日はここまで・・・
また更新させて頂きます。

スポンサーサイト

PageTop

はじめまして

はじめまして

当社ブログ担当者が東村⇒川村に変更になりましたので、はじめての更新となります。

これからは、添乗等で行った各地をご紹介したいと思いますので、宜しくお願い申し上げます。


早速ではありますが

「高知龍馬空港からチャーター便で行く 済州島」

に添乗員として参加させて頂きましたのでご紹介させて頂きます。


韓国の離島済州島は現在57万人ほどの島になります。

中心部は新チェジュ市ですが・・

旧チェジュ市があるとのことでしたが・・・
私にはどちらも立派な中心部と思いました。

済州島の貸切バスです。
日本と違い右側に自動ドアがついてました。。
なぜかというと韓国は右側通行だからです。
最後までなれませんでしたが・・・

DSC01424.jpg


まずは、新羅免税店です。
円高ですからやはり安く感じてしまいますね!!

DSC01423.jpg

最近韓国では「カタツムリクリーム」が流行しているようで、
店内に入ってすぐに置いてありました。

桜ですが満開でした。本当に綺麗!!
ソメイヨシノの原産地は済州島だということをガイドさんから
聞きびっくりしました。

DSC01437.jpg

お花見は日本だけ??
の文化のようで現地の方たちはしないようです。
1組だけ敷物を敷いて見ていましたがこのスポットで1組だけでした・・・

日本なら大賑わいなはずです!!

今日はこのぐらいで・・・
近々また更新させて頂きます。

PageTop

四国のチベット旧本川村越裏門界隈探訪

真冬とはいえ本日は快晴なり。雪の心配はないと確信。高知で最も寒いといわれる伊野町越裏門(旧本川村)にチャンスと思い行ってきました。

053.jpg
長沢貯水池沿いに西へ進むと、前方に雪をかぶったかなり高い山が見え隠れし始めました。そう、高知県単独峰では最も高い手箱山(海抜1806M)です。県東部の海岸線国道55号線、大山岬あたりで見えている山です。さすが雄大。

034吉野川最上流
以前、農家民宿柊(ひいらぎ)へ行ったことがありますが、夕方だったので気づきませんでした。何と美しい川が流れていたのか。聞くと吉野川最上流地域ということです。この川ももう少し下流に行くと長沢ダムの影響で清流とは言えません。

038吉野川最上流
同じく角度を変えてもう一枚。清流吉野川。これほど美しい水の流れは四万十川、仁淀川でもないくらいです。
今風の言い方をすればヤバイ美しさです。柏島の海のブルーを見たときの感動に似ています。

031山中家
国重要文化財に指定されている山中家住宅。こんな山奥に住んでいたとは。海からは随分離れているけれども山と川の美しさは満喫していたと思います。

054湧水
道路沿いに時々登場する湧水。思わず中村雅俊の時代遅れの恋人たちを口ずさんでしまいます。
♪手のひらに澄んだ水をすくってお前の喉に流し込む。そんな不器用で強くやさしい繋がりはないものか..♪

夏なら石鎚山系や瓶ヶ森等への山のぼりも可能。夏の想い出作りにまた夏行ってみたいですねえ。

PageTop

高知3大まつり 秋葉まつり

秋葉まつりは高知3大まつりのひとつに数えられます。今年もいつもどおり建国記念の日に開催、山間にもかかわらず終日快晴という絶好の見学日和になりました。

この地には、壇の浦の戦いに敗れた平家一族が、安徳天皇を警護してこの地に潜幸されたという伝承が残されています。社伝によると、遠州秋葉山から秋葉神社を勧請してこの地に祭祀したのが始まりと伝えられています。
ご祭神はその後、法泉時、関所番市川家で祀られ、1794年氏神として現在の地(秋葉神社)に遷されました。

その時の約束で、年に1度ゆかりの地に御神幸することとなり、現在まで2百有余年つづいています。

練りの行列は、先払いの鼻高を先頭に、神輿を中心とする神幸行列、それに従う本村、霧の窪、沢渡の3つの奉納組の行列が加わると、総勢2百人にものぼり、約3キロの山道を秋葉神社へゆっくり練り進み帰っていきます。

019秋葉まつり
大石家の前で魅せる沢渡組の鳥毛ひねり


038秋葉まつり
まつりの盛り上げ役道化薬の“油売り”自由気まま、神出鬼没で祭りを盛り上げます。本当に御苦労さまでした。

049秋葉まつり
しだれ桜で有名な中越家前の行列。屈強な若者14人が要所で「キョーサー、キョーサー」の掛け声も勇ましく激しく揺さぶる姿は、一人ひとり“男の中の男”、という感じです。

075秋葉まつり
いよいよクライマックス秋葉神社へ。大勢の観客が見守りまるでコロシアムの中の日本芸能といった感じでした。
普段はひっそりとした秋葉神社ですが、この時だけは、全国レベルの祭りとして脚光を浴びます。もっともっと県内の人たちにも見に来てもらいたい真冬の祭典なのです。

085秋葉まつり
とにかくすごい観客でした。お馴染の有名人の背中も見えています。

PageTop

キラメッセ室戸 鯨館は必見

昨年9月に室戸ジオパークが世界ジオパークに認定されました!
同時に、キラメッセ室戸・鯨館の中にジオパークビジネスセンターが開設されています。
専門員によるジオサイトの紹介や室戸ジオパークのストーリー紹介、深海で掘削された岩石試料の展示など見どころいっぱいです。

054.jpg
近い将来、南海トラフ巨大地震が想定されているだけに立体メガネをかけて土佐湾沖の地形説明を受けました。臨場感ある説明に思わず納得です。巨大地震が起きると高知の端(足摺や室戸)は隆起し中央部は地盤沈下するというショッキングな話もありました。

057.jpg
施設の前の海は室戸らしい豪快な海です。風が強かったこともあり白波がやけに目立ちました。
天気の良い日は、石鎚山や手箱山まで見えるのではないでしょうか。



img-0[1]
館内圧巻のマッコウクジラの模型!鯨の生態や室戸の捕鯨の歴史がよく分かります。
鯨は大きければ大きいほど長生きすると言われていて、シロナガス鯨は何と120歳ぐらいまで生きることができるそうです。太平洋の大海をゆっくりした時間の中でゆっくり移動しながら120年間も泳ぎ続けるとは、恐るべし生きものです。同じ哺乳類としてリスペクトです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。